忙しい主婦のマル秘お掃除メモ

上手に掃除して時間を節約!!

息子が2歳になる前のことです。

言葉を発するのが遅いので心配になり、

子供病院で受診、難聴と判明しました。

当時は母と同居の二世帯住居でしたが、

近くには電車通学の聾学校しかありません。

聾学校は医師が薦めませんでした。

今思えば薦めないのなら、

良い教育機関を教えてもらえばよかったのですが、

もうそれどころではなくそのまま帰宅。

家族会議の結果、

教えてくれる人があった

保育園+難聴児教育という施設の近くに引っ越すことにしました。

2歳から小学校入学までの間、

古アパートを購入して私達親子だけ引っ越すことに。

土日には実家に戻る二重生活になりましたし、

荷物も必要最低限度にしましまた。

なにしろ6畳にトイレ・台所の小さな部屋です。

なんでも手の届くところにあるので便利でしたけれど、

週5日だけの仮住まいでなかったら、

そして息子の教育という目的がなかったら、

続かなかったかもしれません。

そして、卒園と同時に、

実家に近い場所にある難聴学級併設の小学校に入学するために、

学校近くの古い小さな一軒家に引っ越すことになりました。

手入れが行き届いていない家でしたが、

持ち主は取り壊すつもりでしたから、

その間の何年かを貸すことにしたようで

借主の思うように中は改造もしていいという条件でしたし、

便利な場所でしたから実家に本拠地を持つ我が家には最適な家でした。

引越しも荷物が少ないので簡単だったと記憶しています。

そして、小学校卒業とともに、

幸運にも私立の中・高がある学園に入学できたので、

実家から通学することにして最後の引越しをしました。

母も大分歳とっていましたのでとても喜んでくれましたし、

我が家の「孟母三遷」もこれで終わると思ったらうれしかったですね。

お掃除が大好きな私。

これだけ毎日動き回っていると、もう少し、痩せても良いのではないかと思いますが、

掃除のための動きって、あまりダイエットとは関係ないのかもしれません。

どうも以前と違って、肩幅が太くなっている気がするし、脚も頑丈になりました。

これはどうしたものかとインターネットで色々なサイトを見ていたら、

レッグマジックXの効果と感想に関するページを発見。

そうなんですよ、前から気になっていたのですが、ダイエット関連のエクササイズマシンって、

もしかして、私でも続けられるかも?と思いつつ、ためらっていたのですよね。

このエクササイズマシンに関しては、実際にやっていて、本当にダイエットに成功した友達がいて、

その友達から、詳しい話を耳にし、それなら、私にもできるのでは?なんて思っていたのです。

いつものお掃除のようなつもりで、軽くエクササイズしてたら、いつの間にか痩せていた!

なんていうのは、とても理想的ですよね。

以前、ジムに通ってたのですが、交通費がかかるからといって、坂のある道を自転車で通ってたら、

あまりに大変で、結局、途中で挫折してしまったという経験があるんです。

無理なことをしてもダメですね。続かないものです。

以前、そういえば、朝食でバナナダイエットとか、リンゴダイエットとか、やってみたことあるんですが、

そういえば、続かなかったなあ。

ただ、エクササイズマシンならどうでしょうか?

私って、結構、動いているのは好きなんですよ。

つまり、落ち着きがないとも言えそうなんですが、止まっていられない性格なので、その性格が、

お掃除も好きにも影響しているのでしょう。

そんな私だから、何かに乗ってトレーニングする、それも単純な動き、なんていうのは、

とても性格に合ってそうな気がするんですよね。

やってみようかな?お掃除に傾けるエネルギーをちょっと、そちらに向ければ良いんですものね。

掃除嫌いの人って結構います。

私も掃除は面倒くさくて仕方ありません。

友人で「掃除大好き」って話しているのを聞くと、

尊敬半分、羨ましいの半分…。

飲み会なんかで言われると「絶対男うけ狙ってる」って

やっかみを上乗せするくらい掃除が嫌いで苦手です。

そんな私も結婚して子供が出来れば、

家の中を片付けないわけにはいきません。

私、掃除は嫌いだけど結構キレイ好きなんです。

部屋のあちらこちらにホコリが溜まってたり、

リビングが何となく雑然としているのもイヤ。

でも、掃除は面倒くさいんです。

そこで考えました。

掃除の何が面倒くさいのか。

一番は掃除機をかけるにしろ、

雑巾をかけるにしろその前に床に散らばっているものを片付けなくてはいけないこと。

意外とこのチマチマした作業がイヤなんです。

もし、床にいつも何もなければ

ゴミやホコリだけだったら掃除機くらいかけます。

たぶん…。

そう思って子供が出来て、

新たに引っ越すとなったときにダンナと相談しました。

「リビングに置くもの、置く場所をキチンと決めよう」

そしてリビングで使うものは何かダンナと考えました。

これが結構多いんです。

子供が出来てみると、リビングで用事を済ますことが何かと増えました。

これまで湯上りの肌の手入れは寝室のドレッサーの前でしたが、

今や子供に着替えをさせながら行います。

子供の昼寝の間に読みたい雑誌や新聞

ダンナの一眼レフの子供の可愛い瞬間を逃さないためにリビングに置きっぱなし。

本来保管されるべきところは空っぽで、

リビングに居座っているものが本当に多いんです。

だから新築にあたって、

リビングにクローゼットやちょっとした収納スペースをつくりました。

そしてその中に収納ボックスをいれたり、

子供のおもちゃや私の化粧品、

ダンナの一眼レフなど、

使用頻度などに応じて場所を決めました。

そして、読みたいけどすぐには読まないDMなどの一時保管スペースも取りました。

写真などはホコリがたまりにくいように、

カップボード的な棚をつけてもらい、

写真スペース専用にしました。

さて、これで上手くいったのでしょうか。

引っ越して5年、意外と上手くいってます。

決まったものを決まったところ返す

これを子供はご飯の前、

大人は使ったらすぐにを繰り返していたら、

朝一は床が出ているので掃除機をかけるのが簡単です。

いちいち何かをよけながら、

ホコリを払いながらでは面倒ですが、

ただ丸くかけるだけなら毎日できます。

勿、たまには丁寧にかけますが、

どうせ子供たちがすぐにホコリをたてるのです。

1日1回丸くかけておけば結構キレイです。

リビング以外は毎日じゃなくて、

週2・3回順番です。

掃除嫌いさんが楽にお部屋を片付けるには、

収納スペースを生活に合わせて決めること。

無理に保管場所と使用場所を離さないで、

使う場所と収納する場所を一緒にすること。

ものを増やさないこと。

それから掃除は適当なところで手を打つこと。

そうすればイライラしないで、

そこそこ満足なキレイなお部屋をずーっとキープできますよ。

☆部屋をすっきりさせる方法は→いらないものは捨てる!で詳しく書いてます!

あなたは掃除や片付けが得意な方ですか?

それともやる気になって始めたのに一向に終わる気配がない。

「頑張っているのに見た目に片付いていない」などこんなことはありませんか?

掃除や片付けを上手にするコツ、

それは「区切る」ことにあるんです。

まずは場所を区切る!

今日は掃除を頑張るぞ~と始めたのはいいのですが、

台所からやり始めたら、

今度はリビングに出したままの本やDMが気になってそちらへ、

「今度は洗濯物を干さなきゃ」などと

場所を区切らず掃除や片付けを始めると結局すべてが中途半端に。

必ず、「今日は台所をやりきる」「明日はお風呂場」という具合に

必ず場所で区切りをつけることが大事です。

一ヶ所でも完璧にキレイになると次の場所へのやる気にもつながります。

次に、時間を区切る!

午前中からやり始めた掃除、

お昼になったからご飯を食べて少し休憩、

今度は晩ご飯の買い出しに行く時間。

結局またまた中途半端になってしまいます。

続きは明日やろうと思っているとまた散らかってしまう。

こんな経験ないでしょうか?

明日やろうは絶対NGです。

今日のことは今日やりきる。

しかも今日ではなく「何時まで」と時間で区切ること。

そうすれば、一日を有効に使えますし、

やる気も出ます。

ただ、無理な時間配分はしないこと。

「今日はこの場所をこの時間まで!」と場所と時間を区切りましょう。

最後に片付けるスペースを区切る!

今度は実際の片付けについてです。

台所の引出しや収納、またクローゼット等の間仕切りを付けて

「スペース」を区切りましょう。

特に引出しは段それぞれで区切られているようですが、

ひとつひとつにさらに区切りをつける事で、

より片付けやすく見た目もスッキリします。

今は100円ショップ等で簡単に仕切りをつけるグッズを売っていますし、

台所などは汚れることもありますから、

いらないお菓子の空き箱やティッスケースなどを工夫して区切るのも便利です。

汚れたらパッと捨てることができ衛生的です。

またクローゼットなどの広いスペースは雑多になりがちです。

ホームセンターなどで売っているラックなどを置くことにより、

それぞれのスペースが確保され、

ひとつひとつの片付ける場所も固定されてきます。

「元あった場所にまた戻す」ということが習慣になると、

散らかること自体が少なくなるので、

片付けが本当にラクになります。

いかがでしょうか?

当たり前のことのようですが、

区切る事で掃除や片付けはぐんと効率よくなるのです。

時間やスペースにゆとりが出来ることで気持ちにまでゆとりが出来ます。

ぜひこの週末、スッキリ、気持ちいい片付け法を実践してみませんか?

お風呂掃除のコツをご紹介していきたいと思います。

風呂場は本当にカビなどが生えやすく、

なんとなく不潔な場所というイメージがあります。

しかし、風呂場は裸になり体を清潔にする場所なので、

その場所が不潔なままでは困りますよね。

その解決法をご紹介します。

まず、ステンレス部分

鏡部分をピカピカにする方法です。

この部分がピカピカになっているのといないのとでは、

お風呂場の印象ががらりと変わってしまいます。

なので、しっかり磨き込みピカピカにしていく必要があります。

その方法ですが、

まずナイロンたわしを用意し、

そのナイロンたわしに歯磨き粉を適度に塗ります。

その状態でステンレス部分や鏡をこするのです。

歯磨き粉は研磨剤の役割をするので、

その研磨剤で表面についた汚れを落とすのです。

それにより表面がピカピカになり新品のような輝きを取り戻します。

次に、洗面器や座る台などプラスチック部分にこびりついた水垢の掃除方法です。

水垢はべっとりとこびりついているので、

ナイロンたわしや亀の子たわしなどで洗うと手が疲れてしまいます。

なので、この汚れを落とすにはアルミたわしを使用します。

アルミたわしは文字通りアルミという金属製のたわしなので、

ゴリゴリと水垢をそぎ落とします。

力もそれほど必要ないので簡単に落とす事が出来るのです。

しかし、注意点があります。

アルミたわしはそぎ落とすパワーが強いので、

プラスチック自体も傷つけてしまいます。

なので、傷がついたら困るというものの場合はアルミを当てないようにします。

その他は床やタイルは亀の子たわしやデッキブラシにクレンザーを付けてゴシゴシ洗います。

クレンザーには研磨剤が入っているので、

水垢やカビなどをそぎ落とす効果があります。

私の場合は基本的にカビキラーなどは使用しません。

理由は、大抵のカビはたわしやアルミたわしなどを使用すれば取れるからです。

シーリング部分などにあるカビなどはこすっても取れませんが、

カビキラーを使用しても同じでとれません。

なので私は使用しないようにしています。

あの匂いを嗅ぐと気分が悪くなるというのが本当の理由ですが・・・

以上が私のお風呂場の掃除方法です。

毎回この方法で行っておりますが、

とても綺麗でしかも短時間で行えています。

色々掃除に便利なグッズや溶剤なども使ってみましたが、

あまりパッとしたものはありませんでした。

やはり自分の手でしっかりと汚れを取ることを行うのが一番だというのが結論です